外張り断熱工法「Seed」の家

  1. トップページ
  2. 外張り断熱工法「Seed」の家
  3. Seedの性能

断熱性能はUA値、気密性能はC値という単位(値)で測ることができます。Seedの性能は、UA値 0.3〜0.6 W/(m2・K) 、C値 0.3〜0.5 cm2/m2 。これは、寒さの厳しい北海道の基準にも匹敵するほどの性能です。

Seedの断熱性能は改正省エネ基準(2013年改正、2020年から義務化)を軽々クリア

断熱性能は、UA値(外皮平均熱環流率)と呼ばれる値で測り、この値が小さいほど断熱性能が高くなります。

UA値は、改正省エネルギー基準によって地域ごとに、下記の表のように基準値が定められています。栃木県北地域(大田原市、旧塩原町を除く那須塩原市、那須町、矢板市)は「4地域」に区分されます。

「4地域」のUA値は、0.75 W/(m2・K) 以下が基準値となっています。

SeedのUA値は0.3〜0.6 W/(m2・K) の範囲に収まっており、改正省エネ基準を軽々とクリア。この0.6以下という水準は、ZEH基準(4地域、0.6 W/(m2・K) 以下)をも問題なくクリアしています。

寒さの厳しい北海道の基準に匹敵するほどの、非常に優れた断熱性能を誇っています。

※数値は、2018年2月現在の直近1年間の実績

Seedの気密性能は、北海道よりも厳しい基準をクリア

気密性能は、C値(相当隙間面積)と呼ばれる値で測り、この値が小さいほど気密性能が良いことになります。

現在の改正省エネルギー基準ではC値の規定はありませんが、改正前には基準値が設定されており、北海道・青森・岩手・秋田が 2.0 cm2/m2、それ以外の地域が 5.0 cm2/m2 というものでした。

Seedでは当初、北海道地域の基準値よりも厳しい 1.0 cm2/m2 以下を標準仕様としておりました。その後、施工技術の進化を重ね、2018年現在では C値 0.3〜0.5 cm2/m2 の範囲に収まる、非常に高い水準の気密性能を誇っています。

お家づくりの第一歩 DIホームを「体験」しよう!

家族で体験しよう♪Seedに泊まれる!体験できる! 夏は涼しく、冬は暖かいSeedをぜひ体験してください。DIホームは自信を持って宿泊体験をおすすめしております。 無料宿泊体験受付中!

DIホームの住宅ラインナップ

DIホームの注文住宅

  • 栃木県北の厳しい冬の寒さに負けない家 高気密・高断熱住宅Seed栃木県北の厳しい冬の寒さに負けない家 高気密・高断熱住宅Seed
  • 性能×デザイン コストも抑えた理想の家 建築家とつくる家性能×デザイン コストも抑えた理想の家 建築家とつくる家

DIホームの規格住宅

  • D-cubeD-cube
  • 840万円で実現するマイホーム 陽まわりの家840万円で実現するマイホーム 陽まわりの家