外張り断熱工法「Seed」の家

  1. トップページ
  2. 外張り断熱工法「Seed」の家
  3. 換気システム

2003年(平成15年)に建築基準法が改正され、24時間換気が義務付けされました。基準として、2時間で家全体の空気が入れ替わることが、換気能力として必要と示されています。

Seedでは『大風量』『超静音』『超省エネ』『コンパクト設計』の4つの特徴を備えた換気システムを採用しています。



排気型集中換気システム「ルフロ400」

室内換気システムが創造する住環境は、住む人がすべてにおいて満足を感じるものでなくてはなりません。十分な換気量、静かな運転音、わずかな電気代、コンパクトなサイズ、そしてメンテナンスが簡単にできること。全ての要素をクリアしたフル装備の室内換気システムです。

大風量
およそ23坪〜95坪程度まで一台のファンでOK! ルフロ400の最大風量520m3/hは、1時間で200ℓドラム缶約2500本分の空気量を換気します。
超省エネ
月々の電気代は、なんと缶コーヒー1本分以下! 35坪の住宅、コントローラー目安値2.5で月83円程度です。
超静音
35坪の住宅の場合、ルフロからの騒音値は25dB程度*。運転音はほとんど聞こえません(コントローラー目安値2.5の場合)。
参考:吠えている犬約90dB、地下鉄の車内約80dB、普通の会話約60dB、深夜の郊外住宅地約30dB
コンパクト設計
小さなサイズと軽さで施工もメンテナンスも簡単!
重量:4kg
サイズ:L410mm × W460mm × H215mm

気密性能が高いから実現できる、家族の健康を守る計画換気

2003年(平成15年)の建築基準法改正で義務付けられた「24時間換気」。このときの第一の目的は、当時非常に大きな問題となっていた「シックハウス症候群」を予防するため。建材だけでなく、家具や日用品から有害物質が発生する場合もあり、家族の健康を守るための重要な役割です。

そしてもう一つの重要な役割が、湿度のコントロール。換気が不適切な場合、室内の湿度が上昇し、結露やカビなどの発生にもつながります。正しく計画換気を行うことで、結露を防止し、カビ・ダニなどの微生物の発生を防ぎます。

この計画換気するにあたって重要なのが、気密性能です。家の中の隙間が少ないからこそ、家全体の隅から隅までよどみなく空気を循環させることができます。なぜならば、気密性が低い場合、本来必要な場所ではなく、隙間から外気を取り込んでしまうからです。気密性が高いことによって、必要な外気を必要な場所で正しく取り込むことができ、家全体の空気を正しく入れ替えることができるのです。

すきま風や窓の開閉などによる"なりゆき任せ"の換気では、家の中に空気のよどむ場所ができてしまい、隅から隅までのしっかりとした換気はできません。高い気密性能と正しい換気により、家族の健康を守る快適な生活が実現できます。

お家づくりの第一歩 DIホームを「体験」しよう!

家族で体験しよう♪Seedに泊まれる!体験できる! 夏は涼しく、冬は暖かいSeedをぜひ体験してください。DIホームは自信を持って宿泊体験をおすすめしております。 無料宿泊体験受付中!

DIホームの住宅ラインナップ

DIホームの注文住宅

  • 栃木県北の厳しい冬の寒さに負けない家 高気密・高断熱住宅Seed栃木県北の厳しい冬の寒さに負けない家 高気密・高断熱住宅Seed
  • 性能×デザイン コストも抑えた理想の家 建築家とつくる家性能×デザイン コストも抑えた理想の家 建築家とつくる家

DIホームの規格住宅

  • D-cubeD-cube
  • 840万円で実現するマイホーム 陽まわりの家840万円で実現するマイホーム 陽まわりの家