Welcome to e-DI DIグループの注文住宅 DIホーム

0287-22-5119
受付 9:00〜19:00
水曜日定休(祝祭日を除く)

タイトル画像

  1. トップページ
  2. 外張り断熱工法Seed

夏涼しく、冬暖かい 外張り断熱工法「Seed」の家

夏も冬も、お部屋もキッチンも脱衣所もトイレも
一年中一定の温度で過ごせたらとても快適だと思いませんか?
DIホームの外張り断熱工法「Seed」なら家全体を断熱材が隙間なくすっぽり覆い
夏の暑い空気も冬の冷たい空気も遮断することができます。
室内の冷暖房器具にて作られた空気も外に逃がさないので、
一年中一定の温度で快適に過ごすことができるんです。
冷暖房器具の効率がいいため、光熱費への影響も大きくでてきます。
お客様から「前の家と比べて光熱費が大きく下がってびっくりしました」
という声もたくさんいただいています。
一年中快適で家計にも優しい暮らしを「Seed」なら実現できます。

外張り断熱の構造

柱や梁の外側から板状の断熱材で家をすき間なく覆っているため、柱と柱の間にある配管や部材の影響を受けずに断熱することができます。従来の充填断熱では断熱材をすき間なく施工するのが難しく、断熱材に覆われていない柱や梁も外気の影響を受けてしますため断熱効果が下がってしまいます。

  • 外張り断熱工法Seedの性能
  • 外張り断熱で省エネを実現

外張り断熱Seedのメリット

MERIT1冬の寒い朝、ママは一番の早起きですよね

朝早く起きて家族のために忙しく働いてくれているママ、そんなママにとって冬の寒さは、さらに家事を大変にさせてしまいます。外張り断熱工法「Seed」の家ならば昨日の暖かい空気が室内にまだ残っているので少しの暖房で快適に家事をこなすことができます。

MERIT2冬の結露、健康が気になります

窓や玄関で結露が発生し拭きとっている、そんな家事を毎日やっているママも少なくないと思います。従来の断熱工法の場合、外壁や柱・梁が外気で冷やされ室内との温度差が生じやすくなり結露が発生します。冷たい水をグラスに入れた時に発生する水滴と同じ原理です。結露が窓にだけ発生するのなら手間にはなるけど毎日拭き取れば平気かもしれませんが、結露は目には見えない壁の中や、クロスの裏側に発生している場合もあります。壁の中で水分を含んでしまった断熱材は重さによりずり落ちてしまい、断熱材が落ちてしまえば、その部分に断熱効果はなくなります。また、家の構造材が水分を含み強度が下がって家の寿命も縮んでしまいます。家に影響があるだけではなく結露によって発生するカビは、その家に住む家族の健康にも大きな影響をあたえます。

カビが発生すると、そのカビを好物とするダニも繁殖します。このダニ・カビを原因とするアレルギーはアトピー性皮膚炎・小児ぜんそく・アレルギー皮膚炎・鼻炎など様々なアレルギーがあるそうです。親が平気でも免疫力の低いお子様はアレルギーになりやすく注意が必要です。
DIホームの外張り断熱工法「Seed」なら柱や梁を断熱材で外側からすっぽり覆うので、柱や梁が外気の影響を受けにくく温度差が少ないため結露のしにくい家になります。結露が少ないという事は水、水滴を拭き取る家事の手間もなく、カビやダニなどによる家族への健康被害もなくなります。DIホームの外張り断熱工法「Seed」は、まさに高温多湿な日本の標準仕様ともいえる工法です。

MERIT3新築して家が広くなったら、当然、光熱費が上がりますよね

家が広くなり部屋数が増えれば冷暖房機の数も増え光熱費が上がると考えるのは当然ですよね。
DIホームの外張り断熱工法「Seed」なら寒い冬の日に家じゅうどこにいても暖かいなんてことは当たり前です。昼間、窓から差し込む日差しの熱で夕方まで暖房を使わないなんて日もきっと多くなります。
夏の暑い日には、強い夏の日差しを遮断し建物が熱を貯めこまないので、夜に外気が下がっても、部屋が暑いままなんてことはありません。風通しがいい間取りなら、夏場でもエアコン不要の日がきっと多くなります。外部の温度変化による影響を受けにくくして、室内の温熱環境をほぼ一定に保ってくれるので、冷暖房器具の効率がよくなり、結果として光熱費の節約につながります。「家が広くなり、部屋数も多くなったのに光熱費が下がりました。」というお客様の声もたくさんいただいています。

まだまだあるSeedが喜ばれる6つのポイント

お客様の声

光熱費がすごく減ったことが嬉しいです!

H様

DIホームで家を建てて3年が過ぎました。わたしがDIホームで家を建てて引っ越してきたのは寒さの一番きびしい2月でした。営業の方が話をしていた通り外から家の中に入ると暖房がついているのかなと思うくらい暖かかったのを思い出します。今では冬暖かく夏涼しいことが当たり前になってしまいましたが、実家や友人の家に行った時には、自分の家がとても快適な家だなと感じます。前の家ではエアコンの他にリビングでは石油ストーブを使い、キッチンや脱衣所などでも小さな暖房器具を使用していましたが、今はエアコンしか使用していません。使用時間も少ないので光熱費はかなり減りました。DIホームで家を建ててとても満足しています。

エアコン1台でほとんどカバーできました!

O様

家を建てようと考えてDIホームに行った時にDIホームの営業の方から外張り断熱工法Seedについて詳しくお話を聞く事が出来ました。それまでは家をつくる時に工法について考えた時もなかったのですが、工法で家の快適性や光熱費が変わるという事をおしえてもらいました。DIホームで家を建てようと決めて、家が完成し引越しをしたのは6月でした。夏が近づき暑くなるにつれてSeedの快適さを感じることができました。夏も冬もエアコン1台で家のほとんどの場所をカバーすることができるし、今まで住んでいたアパートと比べて家は広くなりましたが、光熱費はあまり変わらなかったので妻もとても喜んでいます。
DIホームで家を建てて本当に良かったと思います。