ブログ・コラム
  1. トップページ
  2. ブログ・コラム
  3. ゼロエネルギーハウス(ZEH)とは

ゼロエネルギーハウス(ZEH)とは

2016.06.16

blog-zero_energy_face

「ゼロエネルギーハウス」という言葉を、最近CM等でよく耳にするようになってきました。

この「ゼロエネルギーハウス」、正確には「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(以下ZEH)」と言います。

ZEHは経済産業省によって、『住宅の躯体性能の向上・設備の省エネ性能の向上、太陽光などの再生可能エネルギーの活用等により、年間での一次エネルギー消費量が正味(ネット)でゼロまたは概ねゼロとなる住宅』と定義されています。

blog-zero_energy01

政府からは、増え続ける家庭でのCO2排出量を削減させるために、2020年までにすべての新築住宅および建築物について、省エネルギー基準の適合を義務化することが示されています。

これまでの「次世代省エネルギー基準」とは異なり、太陽光や太陽熱の利用、省エネルギータイプの建築設備(冷暖房や給湯機など)の利用など、総合的なエネルギー消費量で評価をすることになります。

創エネ:エネルギー(電気)を作る

ゼロエネルギーにするためには、家庭でエネルギーをつくりださなければなりません。

家庭でつくるエネルギーの代表的なものとして「太陽光発電」があります。太陽光発電を設置すると自動的に発電を行い、各電気設備を稼働させます。

余った電力は電力会社に売電を行い、発電量の少ない夜間や天候の良くないときだけ電力会社から電気を供給してもらいます。

自分で使う電力を自分で作ることは、CO2の排出を減らすことにもつながります。地球にも家計にもやさしい仕組み、それが太陽光発電システムです。

blog-zero_energy02

省エネ:エネルギーの消費を少なくする

家庭内でエネルギーをいくら作り出したとしても、消費するエネルギー量がそれを超えてしまってはZEHとは言えません。

特に消費電力の大きい機器については、省エネルギータイプのものを設置し、高気密・高断熱の住宅と組み合わせることでZEHを実現することになります。

エアコン

エアコンには、エネルギーの消費効率を測るための「消費効率の区分」が、国立研究開発法人・建築研究所によって示されています。

このエアコン効率区分の『(い)』を満たす機種が、基準を満たすエアコンとなります。

参考:国立研究開発法人・建築研究所資料
「ルームエアコンディショナーのエネルギー消費効率の区分の判断」(PDFファイル)

 

LED照明

電気消費量が少なく、超寿命であることが特徴であるLED照明の利用が推奨されています。一般の家電店などでも普通に購入できるようになってきたこともあり、現在ではほとんどのお客様がLED照明を利用されています。

給湯設備

ガス・電気給湯器は高効率給湯器にすることで、エネルギー効率に優れ、CO2排出量を減らすことができます。環境にも家計にも優しい給湯設備となります。

HEMS

HEMSとは「Home Energy Management System」の略です。家で使うエネルギーを、センサーやコンピューターを使って制御し、省エネルギーを実現するためのシステムです。

省エネ家電や太陽光発電などは、単体で省エネルギー化を実現するための設備となります。HEMSはそれをさらに一歩先に進めて、家全体を省エネのために制御、最適化する仕組みになります。

ZEHには、高気密・高断熱が重要なポイント

いくら省エネの高性能エアコンを設置したとしても、建物の断熱性能が低ければ、エアコンの稼働時間が長くなりエネルギー(電気)の消費量が多くなってしまします。

DIホームの高気密外張り断熱工法「seed」なら、エアコンの効き目が大幅に上がり、短時間の運転で大きな効果を得ることが可能です。

もちろん、ZEHの基準となる外皮性能:UA値(※1)も、「0.6以下(※2)」という基準値を上回っています。

※1:UA値とは…建物内外の温度差が1℃の場合の熱損失量の合計を、外皮等の面積の合計で除した値。この値が低いほど、熱が逃げにくく断熱性能が高くなります。

※2:改正省エネルギー基準の地域分けで、栃木県北地域が該当する4地域は0.6以下が基準となります。

補助金の申請もできます!

ZEHの基準に該当する家であれば、一律125万円の補助金を申請することができます。

補助対象となる住宅
  • 申請者が常時居住する住宅であること。
  • 専用住宅であること。
  • 既築の場合には、申請時に申請者自身が所有していること。
  • 新築建売住宅の場合には、申請者は建売住宅の購入予定者であること。
  • 賃貸住宅・集合住宅は対象外(但し、申請者が所有する賃貸住宅・集合住宅の一部に、申請者が居住する場合には、その自宅部分のみ申請可(賃貸併用住宅など))

補助金の募集は早期に終了してしまう場合があります。ご希望の方はお早めに申請をしてください。

201601_blog_zroene-tokusyu_bnr