Welcome to e-DI DIグループの注文住宅 DIホーム

0287-22-5119
受付 9:00〜19:00
水曜日定休(祝祭日を除く)

タイトル画像

  1. トップページ
  2. 外張り断熱工法Seed
  3. 外張り断熱工法Seedの性能
外張り断熱工法Seedの性能

sample1

Seedの断熱性能は改正省エネ基準(平成25年基準)4地域区分のUA値を上回る性能レベル

住宅の断熱性能は耐震性能と並ぶ重要な性能の1つだと思います。

住宅メーカーや工務店の宣伝文句に「高断熱」という言葉をよく目にしますが、住宅メーカーや工務店によって断熱の方法や材料は様々です。そして、地域によって気象条件も異なります。同じ日でも、春の暖かさを感じる所もあれば、まだ冬の寒さのままのところもあります。

そこで改正省エネルギー基準では全国を気象条件によって8つの地域に区分し、住宅と建築物の省エネ基準について、断熱性能に加え、設備性能を含め数値化し評価します。

改正省エネルギー基準(25年基準)

地域区分 1 2 3 4 5 6 7 8
「外皮平均熱貫流率(UA値)の
基準値+〔W/(㎡・K)〕
0.46 0.46 0.56 0.75 0.87 0.87 0.87
冷暖期の平均日射取得率の
基準値
3.0 2.8 2.7 3.2

※大田原市、那須塩原市(旧塩原町は除く)、那須町、矢板市は4に該当します。宇都宮市、栃木市、小山市などは5に該当します。

「UA」値とは・・・(外皮平均熱貫流率)

建物内側と外側の温度差が1℃の場合の部位ごとの熱損失量の合計を外皮等の面積で除した値をいいます。UA値が小さいほど熱が逃げにくく、断熱性能が高くなります。

改正省エネ基準は地域によって基準値が異なり栃木県北地域(大田原市、那須塩原市(旧塩原町は除く)、那須町、矢板市)は4地域に該当します。4地域の外皮平均熱貫流率の基準値はUA値0.75[W/(㎡・K)]以下となります。

Seedは改正省エネルギー基準のUA値0.75[W/(㎡・K)]を上回るUA値を出しています。

4地域には栃木県北地域の他に宮城県・新潟県・長野県・山形県と冬の寒さが厳しい地域が含まれています。このことから「Seed」の断熱性能が優れていることがお分かりになると思います。

 seedkaisei-bnr

高い断熱性能を生み出すために必要な気密性能

いくら断熱性能の高い断熱材やサッシを使用しても建物に隙間があればその性能を発揮することは出来ません。

DIホームの外張り断熱工法「Seed」では、気密性能の基準となるC値を次世代省エネルギー基準の北海道地域基準(Ⅰ地域 2.0㎠/㎡)より厳しい1.0㎠/㎡以下を標準仕様としております。

気密性能については、全ての現場において気密測定士による気密測定を行い、結果を書面にてお客様へご報告しております。ご希望があれば気密測定現場を実際にご見学いただくことも可能です。

高気密住宅だから出来る効率的な換気

平成13年の建築基準法改正により健康で衛生的な生活を行うために1時間に0.5回の換気が義務化されています。

つまり2時間で室内の空気がすべて入れ替わる換気が必要になります。

新鮮な空気を必要な分取り込み、汚れた空気を効率よく排出するには高気密住宅が重要になります。

気密の悪い住宅では図面上いくら換気が十分に行われていても、汚れた空気が一か所に溜まったままになったり、必要以上に給気が行われ室内の温度に影響を与えたりしてしまいます。

ホルムアルデヒドによるシックハウス症候群や湿気によるカビの防止のためにも高気密住宅による効率の良い換気が必要になるのです。

高い断熱性能と気密性能の優れた木造外張り断熱工法

seed_0C

断熱材で家をすっぽり覆うことで、魔法瓶のように中の空気が保温されます。

◆ 快適生活

最高基準の断熱性能である「旭化成ネオマフォーム」を使用。ヒートショックが少なく1年を通して快適な住環境を実現。外の影響をほとんど受けないため、家の中の空気をクリーンに保ちます。

◆ 省エネ効果

住まいの外側を断熱材で包み込むので、高い断熱性能と気密性能を確保します。

夏は強い日差しを遮断、冬は室内の暖気を逃がさないので、冷暖房費が抑えられます。

◆ スペースを有効活用

従来の断熱工法では屋外の影響を受けやすかった屋根裏スペースが、住空間として快適に過ごせるようになります。スペースを有効利用して、ロフトを設けたり、天井の高い開放的な空間にしたりと、より自由な空間を楽しめるようになりました。

また、断熱材を柱の外側で施工するので、柱と柱の間のスペースを利用した壁面収納や飾り棚を、外壁に面した室内壁に設けることができるようになりました。

◆ 高断熱

断熱材が柱・梁の外側に施工するため、断熱材が隙間無く連続するので、安定した高い断熱性能・気密性能が実現します。

◆ 健康住宅・長寿命

柱と梁をすっぽりと断熱材で包み込むため、構造躯体部分での温度差が小さく、結露も起きにくくなります。

快適な生活環境を確保できるだけでなく、木材の耐久性も向上します。

従来の断熱工法と外張り断熱工法の違い

従来の断熱工法と外張り断熱工法の違いは、断熱材を施工する場所にあります。

従来の断熱工法

seed_0A

従来の断熱工法は、柱の間に断熱材を施工する「充填断熱工法」で、グラスウールというガラス繊維が綿状になっている断熱材を使用します。充填断熱工法は柱や間柱の間に断熱材を入れていくので、施工上隙間が残りやすく、断熱性の低い木材(柱)が熱の逃げ道として残ってしまいます。

外張り断熱工法

seed_0B

Seedの「外張り断熱工法」は、フェノール樹脂でできた断熱板を柱の外側に施工し、床下・壁・屋根など建物全体を包み込む工法です。板状の断熱材を張り合わせていくので、隙間ができにくく熱の逃げ道も無いため、従来の断熱工法に比べると断熱性能は高くなります。

次世代省エネ基準を上回る「C値」1.0以下、「Q値」2.4以下!
(平成27年3月31日までの基準)

次世代省エネルギー基準は「Q値」、「C値」、「μ値」という3つの値によって表されます。私たちDIホームの施工スタッフは、常に最高の技術を駆使して注文住宅建設に臨んでいます。

「Q値」とは?・・・(熱損失係数)

住宅の内と外との温度差が1℃ある時に外壁・天井または屋根・床などの構造躯体及び、窓などの開口部から失われる熱量を1時間当たりにつき床面積1㎡として表したものです。数値が少ないほど熱損失が少ない高性能な住宅になります。

「C値」とは?・・・(相当隙間面積)

建物床面積1㎡当たりの隙間の面積を測定するもので、数値が小さい程隙間が少なく気密性能が良い住宅です。

「μ値」とは?・・・(夏季日射取得係数)

建物が日射によって取得する熱量の割合です。この数値が小さい程、日射取得量が少ないことを示します。日射に左右される為、同じ建物でも地域と方位によって数値が変わります。

次世代省エネルギー基準は地域によって異なります。栃木県北地域は「Ⅲ地域」になります。

「Ⅲ地域」の次世代エネルギー基準は
「Q値」2.40以下、「C値」5.0以下、「μ値」0.07以下です。

当社施工のSeedは、上記の次世代省エネルギー基準を上回る

「Q値」2.40以下、「C値」1.0以下

の値を出しています。

大手ハウスメーカーは部材は統一されていますが、各現場ごとに施工が異なるためC値について意識をしていないことが多いようです。

C値は図面上の測定ができず、現場でしか測定ができません。

その値を、ぜひ確かめていただきたいと思います。

すべての住宅に機密性能試験を実施

seed_06

当社は気密測定器を自社で所有しており、全ての現場において、有資格者により気密測定試験を実施しております。試験結果は書面にてお客様にご報告しております。

また、ご希望のお客様には気密測定試験現場のご見学も実施しております。

※建築条件によって、数値は若干異なる場合があります

Seedを支える建築素材

DIホームでは、次世代省エネルギー基準を満たしながら、コスト面も考慮した建築素材を使用しております。

詳しくは「Seedを支える建築素材・技術」をご参照ください。