Welcome to e-DI DIグループの注文住宅 DIホーム

0287-22-5119
受付 9:00〜19:00
水曜日定休(祝祭日を除く)

タイトル画像

  1. トップページ
  2. 土地について
  3. 土地と道路の関係
土地と道路の関係

sample1

一般の戸建住宅を建築する際は、幅員が4m以上の“建築基準法上の道路”に、間口が2m以上接道していなければなりません。“建築基準法上の道路”とは、建築基準法により建物を建築する際の接道が許された道路です(参考:Wikipedia「接道義務」)。

道路が存在するからといって、それだけでは建築して良いかどうかの判断はできません。また、道路の幅員が4m以下の場合はセットバック(道路の中心線より2m後退)というものが必要になります。

こういった理由により、土地の所有者と直接売買契約を結ぶことは、場合によっては非常に危険です。不動産会社へ支払う仲介手数料というのは、単なる口利き料ということではなく、その土地の調査内容に責任を持つという意味もあるのです。