Welcome to e-DI DIグループの注文住宅 DIホーム

0287-22-5119
受付 9:00〜19:00
水曜日定休(祝祭日を除く)

タイトル画像

  1. トップページ
  2. 注文住宅のお金のこと
注文住宅のお金のこと

sample1

資金計画について

家づくりで最も大切な事は、しっかりした資金計画を立てる事です。

毎月、無理のない返済で入居後の生活を充実させるためにはご家族のライフスタイルに適した資金計画が必要です。

住宅ローンは「いくら借りられるのか」ではなく「いくら返せるか」が重要です。

まずはご家庭の収入と支出をしっかり把握し、毎月の住宅ローンの返済はいくらまで無理なく返済できるかを確認しましょう。その毎月の返済額から返済年数や金利等を選択し、借り入れ金額を決めましょう。

借り入れ金額に現在、自分たちで準備できる自己資金を合わせた金額が計画の総予算となります。

 

住宅ローンについて

住宅ローンを利用する際の金融機関は、多くの場合、給与振込をしている金融機関を選ぶことになります。しかし、銀行・信用金庫によっては金利や保証内容などが違いますので、金融機関の特徴をみて一番自分たちに条件の良い金融機関を選びましょう(ローン保証料など大きく違う場合があります)。

返済についても、返済期間、金利選択(固定、変動)、返済方法(ボーナス併用)など様々な方法があります。ご家庭のライフスタイルに合わせて選択する必要があります。

ある時期で返済方法を組み替えてみたり、繰り上げ返済を利用するなど、賢い返済計画を立てましょう。

土地・建物工事費以外の費用

家づくりにかかる費用は、土地建物工事費以外にも様々な費用(経費)がかかります。

土地を購入する際には不動産業者に支払う仲介手数料、土地を自分の名義にするための所有権移転登記費用、住宅ローンを利用する際の融資手数料や印紙代、つなぎ金利やローン保証料、建物が完成してからは建物の表示・保存登記費用、火災保険、税金など諸経費、さらに入居時の引っ越しや備品の費用も必要になります。

総予算が決まっても、土地と建物工事費に全てが利用できるわけではありませんので注意が必要です。

注文住宅のお金のこと

人生の中で一番と言っても過言ではない大きな計画です。

将来のことまで見据えた資金計画を立てることが重要です。ここには書ききれない事が、まだまだたくさんあります。詳しくは弊社営業スタッフ、住宅ローンアドバイザーにご相談ください。