Welcome to e-DI DIグループの注文住宅 DIホーム

0287-22-5119
受付 9:00〜19:00
水曜日定休(祝祭日を除く)

タイトル画像

  1. トップページ
  2. DIの取扱シリーズ
DIの取扱シリーズ

取扱いシリーズ

DIグループでは、将来の「環境エネルギー性能指標」を見据えた、再生エネルギーを利用しエネルギーを創り出していく「創エネ」と、万が一の事態に備えた非常用の電源の確保が出来る「蓄エネ」を実現した、快適・エコライフなご提案を行っております。

太陽光発電 ソーラーパネル

taiyoukou_02

近年、太陽光発電ソーラーパネルを設置したいというご要望のお客様がふえてきています。
それは、自宅で太陽の光を利用して発電出来る事、その電力を自宅で使用出来る魅力や、自宅で使用して余った電力(余剰電力)を電力会社が買取ってくれる制度あります。
そして国や自治体から補助金を活用できる事もあり、イニシャルコスト的にもメリットがあります。

太陽光発電の導入検討の前に、まず知っておきたいこと事がいくつかあります。

設置する多くの場所が屋根の上ですので、形状や材質などで太陽光パネルが設置出来ない場合や、自分の思う程たくさんパネルが乗らない事もあります。
また、太陽光発電システムメーカーもたくさんありますので、自分の自宅にあった物を考えなくてはなりません。

DIグループの注文住宅に太陽光発電システムの設置について

太陽光発電システムの多くは屋根の形状などの制約を受け、

「もっとパネルを載せたいけれど載せられない。」

など、よく建売住宅をご購入されたお客様からお聞きいたします。
DIグループの注文住宅ですと、打ち合わせ当初から太陽光パネル設置を考えているお客様に、設計の時点で太陽光パネルを乗せられる形状のデザインや、家族構成含めた電力使用料などを一緒に考え、どのくらい太陽光パネルを乗せたらよいかシュミレーションしながら進められます。このことにより計画的で満足頂ける提案をさせて頂いております。

太陽光補助金制度について、(太陽光発電システム設置支援事業費補助金)

太陽光発電システムを導入にあたり地方自治体(県・市・村)から補助金が出る場合があります。

栃木県では

1KWあたり15,000円(10KW未満・上限30.000円)
※1KWあたり補助金対象経費500.000円
※既存住宅のみが補助金対象となります。

大田原市では

1KWあたり20,000円(10KW未満・上限80,000円)

那須塩原市では

1KWあたり30,000円(10KW未満・上限120,000円)

矢板市では

1KWあたり30,000円(10KW未満・上限120,000円)

★例えば、4人家族で一般住宅に住んでいるとします。
一年間でどのくらい電気を使用するかといいますと、平均的に4500KWhぐらい使用します。
同じぐらいの電力を太陽光発電で賄うためには、だいたい4KWの太陽光発電システムを屋根に載せれば同じぐらいの電力が賄えます。
そこで4KWhの太陽光発電システムを購入しますと、どのくらいの補助金が受けられるかシミュレーションしてみましょう!

【4KWの太陽光発電システム補助金シミュレーション】
●国の補助金  1KWあたり15,000円の場合60,000円・20,000円の場合80,000円
●県の補助金      45,000円
●大田原市の補助金   120,000円
※4KWの太陽光発電システムで、最大245,000円の補助が受けられます。

太陽光発電システムの選び方

現在太陽光普及拡大センターへ登録している太陽光発電システムパネルメーカーは、50社を超えています。例えば、東芝・パナソニック・シャープ・京セラ・三菱・サニックス・・・など各メーカー様それぞれ特徴(長所)があります。

そこで、太陽光発電システムメーカー選びのコツと致しまして、屋根の形や勾配、取付け方位などが絡みますので、施工実績が豊富で、きちんとお客様の要望を聞きつつ、シミュレーションを見せてくれながら、一緒にどのメーカーが良いかアドバイスしてくれることが出来る会社に相談した方がよいと思います。

取り付けた後はどうなるの?

DIグループの注文住宅で太陽光パネルを取付けたとします。オール電化住宅なので、電力会社とは電化上手(オール電化を条件に契約する時間帯別料金設定制度)で契約します。

夜間 AM11時→PM7時が、1KWあたり11.82円
朝晩 AM7時→AM10時 と PM5時→PM11時が、1KWあたり25.20円
昼間 AM10時→PM5時が、1KWあたり30.77円
※昼間夏季は、37.56円

上記の料金体制となっております。夜の電力の安い時間帯を利用してエコキュートでお湯を貯め、昼間の電力の高い時間帯は太陽光発電システムで発電した電気を使い、余った余剰電力は、電力会社に買い取ってもらいます。このことからオール電化で太陽光発電システムを導入すると、安い時間帯で電気を使い、高い時間帯は発電した電気を使いながら売電できるといったメリットが生じできます。
またHEMSや、蓄電池といった新技術設備の導入にも太陽光発電システムがあると、さらなるメリットに繋げられると思います。

HEMSとは?

HEMSとは「Home Energy Management System」の略です。家で使うエネルギーを、センサーやコンピューターを使って制御し、省エネルギーを実現するためのシステムです。

省エネ家電や太陽光発電などは、単体での省エネルギー化の設備となります。HEMSはさらに一歩先に進めて、家全体を省エネのために制御、最適化します。

HEMS-パワミル-とは?

HEMS・太陽光発電・蓄電池の組み合わせにより

「省エネ」・「創エネ」・「蓄エネ」+「災害に強い」

という災害に強いスマートハウスを実現するシステムです。

HEMS_1

HEMS-パワミル-の利点

見えるエネルギー

HEMSモニターで、電力会社から買った電力、太陽光発電の発電量・売電量、水道とガスの使用量、蓄電池から放電する電気量をグラフィカルに表示。“いま”の家の電気使用量が一目でわかり、節電意識が向上します。

HEMS_2

電力ピークカットで節約

太陽光発電による余剰電力を蓄電池へ+深夜電力で充電しておき、電力ピーク時には蓄電池の電気を使って電力使用料金を節約します。

停電時も安心

電力会社からの電力供給が遮断されても、太陽光発電による電気と蓄電池に充電された電力が使えるので安心です。電気だけではなく、水道・トイレ・お湯・ガスコンロも使えます。

HEMS_3

将来も安心

HEMS導入時に蓄電池を設置していなくても、後から蓄電池の導入が可能です。モニターはバージョンアップに対応しています(要インターネット環境)。

HEMS_4

導入検討の相談や資料請求は担当営業スタッフにお気軽にご相談ください。