1. トップページ
  2. 住宅の性能について
  3. 寒さ・暑さも窓次第! 住宅で窓の断熱性が重要な理由とは?
寒さ・暑さも窓次第! 住宅で窓の断熱性が重要な理由とは?

断熱といえば壁の断熱だけだと思っていませんか? 実は重要な窓の断熱!

みなさん、「住宅の断熱」というと壁の断熱だけだと思っていませんか?

実は、住宅において熱の出入りが特に多いのは、窓やドアなどの開口部です。冬は家の中で暖めた熱の約5割が窓から失われ、夏は約7割の熱が窓から家に入り込んできます。

もし、エアコンをつけていても暖かくならない、涼しくならないなら窓に原因があると考えていいでしょう。寒さ・暑さ、気温・気候の変動は快適な暮らしの妨げになり、生活の上でのストレスとなります。

また、栃木県はヒートショックで亡くなる方が全国でワースト1というデータもあります。国土交通省や厚生労働省が発表している資料においても、栃木県の住宅が日本で一番寒い、と示されています。

家族の健康を守るためにも、家づくりにおいて断熱性能がとても重要だという事がわかりますよね。そして高性能な住宅には、窓の断熱化が不可欠です。

窓だけでなく、サッシ(窓枠)の断熱も考えよう

窓には色々種類があり、サッシ(窓枠)は大きく3つに分かれます。強度が高い一方で断熱性の低い「アルミサッシ」、断熱性に優れているもののアルミより雨・風・日差しによって劣化しやすい「樹脂サッシ」、そしてその2つの良いとこ取りをした「ハイブリットサッシ(アルミ+樹脂)」があります。日本の住宅では、まだまだアルミサッシが使われることが多く、サッシの断熱に対する考え方は世界でも非常に遅れています。

ガラスには、断熱性の低い「単板ガラス」、防犯性の高い「網入りガラス」、断熱性が高く・防露性に優れた「複層ガラス(ペアガラス、トリプルガラス)」などがあります。

例えばDIホームの高性能住宅Seedでは、LIXIL「サーモスL」というアルミの耐久性を活かしながら、断熱性に優れた樹脂とを組み合わせたハイブリット構造のペアガラスを標準装備としています。雨風や日差しによる劣化を防ぐため、室外側には高耐久のアルミを使用。室内側には断熱性に優れた樹脂を使用して熱の出入りを防ぎます。さらにガラスとフレームを一体化させる技術により、フレームの極小化とガラス面積の最大化を実現。窓としての機能も損ないません。

もちろんお客様のご要望に合わせて、より断熱性能に優れた「樹脂サッシ」や「トリプルガラス」等もご提案・ご提供いたします。性能の高い家づくりは、時代とともに品質も技術も向上してきていると言えます。

冷暖房にあまり頼る事なく光熱費も抑えられ、冬は暖かく、夏は涼しいので、断熱性能にしっかり配慮すれば、得する事だらけ! 快適な暮らし、家族の健康のためにも、窓の断熱にもしっかりと気を配りましょう!